Windows 10 Creators Updateでは「新たに開始」という機能が追加された。Windows 10の設定や個人データを残しつつ、OSをクリーンインストールしてくれる。さらに、初期状態に戻すのではなく、Windows Updateが適用された状態でまっさらになるのですぐに利用できる。もちろん、万一のことがあるので「新たに開始」を試用する前にはファイルをバックアップすることをお勧めする。

基本的に後から追加したアプリはすべてなくなってしまうので、再インストールは必要。各種アクティベーションも個別に行う必要がある。

「新たに開始」機能は、Windows 10の動作がおかしかったり、何らかの設定を変にいじってしまい、元に戻らなくなったときなどに利用するといい。「あ、なんかウィルスっぽいのをクリックしたかも」というときに使うのもアリだろう。マイクロソフトのサポートページによると、起動・終了時の動作やメモリー使用量、アプリのパフォーマンス、バッテリー残量が改善される可能性があるという。

また、「新たに開始」を実行してから「このPCを初期状態に戻す」を実行すると、PCを購入した時に入っていたアプリもなくなってしまう。その場合は、「回復ドライブ」を作成するなどして、バックアップしよう。

データや設定を引き継ぎつつ、手軽にWindows 10をクリーンインストールできる「新たに開始」機能が追加された。

 

 

【関連記事】

Windows 10のWindows Updateでまたもやトラブル――CBB、お前もか……

Windows 10のCM制作に蛭子能収を起用!?