Windows 10には日本語入力機能「Microsoft-IME」が搭載されているが、初期設定で言語バーは非表示になっている。

Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。
基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

Windows 10では言語バーがなくなったの?
Windows 10には日本語入力機能「Microsoft-IME」が搭載されているが、初期設定で言語バーは非表示になっている。タスクトレイのアイコンで入力モードはわかるし、右クリックメニューから各種機能にアクセスできる。それでも言語バーが欲しいという場合は、設定を変更する必要がある。

まずは、「設定」の「時刻と言語」→「地域と言語」→「日付、時刻、地域の追加設定」もしくは「コントロールパネル」から「時計、言語、及び地域」を開く。続いて「言語」→「言語の追加」を選び、左ペインの「詳細設定」をクリックする。詳細設定が開いたら、「入力方式の切り替え」にある「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」にチェックを入れ、「保存」を押せば表示されるようになる。

従来と同じように、タスクバーにドラッグ&ドロップすれば言語バーを格納できる。設定画面の「オプション」をクリックして、「テキストサービスと入力言語」の「言語バー」タブで言語バーがアクティブ出ないときに半透明で表示したり、言語バーのテキストラベルを表示する設定にもできる。

これで解決!

Windows 10では、MS-IMEの言語バーは非表示になっているが、設定を変更して表示できる。従来通り、タスクバーに格納することも可能だ。

 

【関連記事】

「Windows 10」搭載端末が5億台を突破--Build 2017開幕

Windows 10向け「OneNote」アプリに録音機能が追加、画面キャプチャーも可能に